不断水について語ります

不断水工法による衛生的な水道管のリニューアル

不断水工法は水道の元栓を閉めないまま水道管を部分的に工事できる技術です。

マンションなどの鉄筋コンクリート建築では大規模リフォーム工事が施工される場合がありますが、普段の小さなトラブルは経費削減の目的を優先してしまうと応急処理的な工事だけで済ませてしまう場合もあります。

マンションのような集合住宅や、雑居ビルのように営業時間の異なるテナントが複数戸数で入居していると、水道管の状態は常に衛生的でいるのが理想です。なんらかの原因により水道管の内部で腐敗や浸食が疑われる場合は、不断水工法で確認すると経済的に対処できます。不断水工法で確認すれば、水道の元栓を閉めないままの状態で作業できます。

どの世帯もテナントも水道水を利用できる状態が続いていますので、突然の作業でも迷惑をかけずに済みます。突然の水道管周りの工事では、告知のチラシの作成が間に合わなかったり、テナントによっては営業にまで影響してしまう可能性もありますから、不断水工法は安全対策としても機能します。

水道管を全体的に交換すると費用が莫大です。本当に補修工事が必要な個所だけに限定すれば、費用を抑制できます。不断水工法は、部分的な補修工事に最適です。補修が必要かどうかの最終確認に役立ちます。必要に応じて選択すると良いでしょう。水道の元栓を閉めずに、傷んでいる個所だけをリニューアルできますので、大規模リフォームに及ばずに済みます。定期的な保守点検と合わせて活用するのも効果的です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *