不断水について語ります

不断水工法で注意したいポイント

不断水工法は近年水道工事を行う際によく利用される方法で、水道の停止を伴うことがないよう水の流れを専用の工具を利用して迂回させることで工事を行う部分に水が流れないようにして作業を行う方法です。

近年では水道管の増設や交換などが頻繁に行われるようになっているほか、万が一の故障の場合にも近隣の利用者に影響を与えずに工事を行うことができるため非常に多くの場所で利用されています。不断水工法を用いる際には利用者に対して影響を与えないことから特に工事の日程などを周知せずに行われることも少なくありません。

そのため工事の最中や工事の完了した後でも多く利用者はそのまま使い続けることが多いのですが、ここに思わぬ落とし穴があるのです。不断水工法を用いる際には工具を使用し、その中を水道水が通過する仕組みとなっていることから、工具の内部の汚れが水道水に混入する危険があります。また工具を従来の水道管に取り付ける際や工事が完了し新たな水道管に水道水を流す際などその部分の汚れが水道水に混入する恐れもあるので充分に注意することが必要となります。

従来の断水を伴う工事の場合には水道の再会水道の再開を利用者に意識させることができ、利用者自身が水質のチェックを行う等注意喚起をすることが可能でしたが、不断水工法の場合にはこのような機会がないことも多いため、思わぬトラブルが発生してしまう場合もあるので注意が必要で、不断水工法を用いる場合でも工事完了は利用者に周知徹底する方が効果的です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *